心の浮気はしていないけど。

心の浮気はしていないけど。
既婚者同士の恋愛と言うのは、なかなか悲惨な状況を招きかねません。
浮気や不倫がばれたときというのは、多くの場合は修羅場を迎えることになりますが、考え方を変えれば、浮気や不倫がばれなければ修羅場を迎えないということもできます。
そんな中、既婚者である私も何度か人妻と不倫をしたことがあります。
お酒を飲みすぎると、性欲が急上昇して理性が働かなくなります。
また、一緒に飲んでいた人妻も同じような感性の持ち主で、そんなときは行く先はホテルになってしまいます。
既婚者同士のセックスはドキドキしますし、新鮮な気持ちもします。
それで非日常感があってやめられなくなります。
そして、セックスが終わった後には、体の欲望は仕方ないものだと自分を納得させるのです。
このことは、一生内緒にしておこうと思います。
ばれなければ、修羅場を迎えなくてもいいからです。
このように体の浮気をするのは、悪いことかもしれないけど、やめられなくなってしまいました。
その後、同じ相手と何度か肉体関係になってしまって、なんとかうまく過ごしています。
心の浮気ではない場合は、自分でも甘くなってしまいます。
決して離婚することや、ましてやその浮気相手と結婚することなどは考えていません。
お互いにそんな気持ちだから、ますます仲良くなってしまいます。
まさに、泥沼なのかもしれません。
いつか、痛い目に遭うのかもしれませんが、その時はその時です。
不倫や浮気は、こっそりとばれないようにやっていきたいものです。

変則単身赴任が招いた私の浮気生活

注目

浮気現場
私は千葉県内に一戸建ての家を買ったのですが、通勤時間が二時間掛かり遠距離通勤が辛くて仕方がなかったので、会社の近くに安いアパートを借りて、平日はそこから会社に通勤し、週末のみ自宅に帰る生活をしています。
最初は本当に通勤の辛さを解消する目的で始めたこの生活なのですが、考えてみれば単身赴任の変則版です。

その開放感が私を刺激してしまったからなのかどうかはわかりませんが、女性を連れ込んでも妻にはばれない状況ですので、飲み屋でねんごろになった女性をその部屋に連れ込んで、私は浮気をしてしまっていたのでした。

妻には「今帰ったよ」コールだけしておけば、あとは私は自由の身です。
週末は自宅に戻り過剰なまでの家族サービスをしていたので、妻から疑いの目を向けられる事はありません。

今では平日は浮気相手も私の家に泊まっていき、朝一緒に家を出るという関係になっています。

夜中にまさか妻がやってくる事もないとは思いますが、女の勘は鋭いのであまり長くこういう状況を続けるのは良くないなとは思っています。

不倫は隠し続ける相手を見つけること

料金
 不倫や浮気と言うのは自分に彼女や妻がいるときに、特定の相手の女の人を好きになる事を言うのですが、ここで問題になるのは一夜だけを過ごしたり、一時だけ恋をしたりするのではなく、あくまでそれをずっと続けていく関係においては、やはり自分だけが不倫浮気を隠し続けるのではなく、あくまで相手にもその不倫や浮気と言うことを絶対に口外しないということを約束できる相手を選ばなければなりません。

 そういった意味で不倫や浮気は壮大なスケールの大きい計画、それができない人間はやはり途中でばれてかなり問題になってくるのです。

うまく不倫関係や浮気相手と付き合って行っている人は要領が良いというだけでなく、相手方になるパートナーの人にもそういう理解を求めて付き合っていることが多く、家庭をつぶそうと考えていたりもしくはこの人と結婚するんだと言って勝手に妄想が広がっているような女性と付き合うのは論外だということになります。
 これはもちろん男女関係なく言えることなのですが、不倫をするまたは浮気をするというのは体力も知力もさることながら我慢することそれを隠し続けることの力強さが大切だということです。

このように上手く、不倫や浮気ができるようになったのが旦那であれば許せませんよね。
もし、浮気をしたらすぐに原一探偵に連絡して証拠だけは確保しておきましょう。
気になる料金の確認-浮気調査の料金(原一と他の探偵事務所比較)
※リンク先が変更となりました。

そういうパートナーを見つけた方はまさしく最強の不倫相手だと言えるのではないでしょうか。